calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
992

TOPEAK TRANSFORMER XX PPF06200 & X PPF06100

木曜日の名古屋は曇りがちの一日でした。週末から三連休はどうやら雨になりそうなので、そのはしりなんでしょうね。せっかくロングライドに行こうかなと思っていたのに、、、なんとなくこれが今シーズン最後のチャンスなんじゃないかと思っていただけに、お天道様に出てきてほしかったなぁというおバカさんの願いが届くといいんですが、、、難しいかな。

さて今日は、毎度おなじみのアイディア商品とも言えるフロアポンプを紹介しましょう。


TOPEAK TRANSFORMER XX PPF06200 & X PPF06100

「2 in 1 ならお任せあれ!」と言ったかどうかわかりませんが、2つの機能を1つにまとめることでは定評のある TOPEAK がリリースしているバイクスタンド付きフロアポンプ2種類。ひとつはスタンドドッキングスタイルで、もうひとつはスタンドインテグレーテッドスタイルという、似て異なる兄弟モデルです。


まずは長男の TOPEAK TRANSFORMER XX PPF06200 から見てみましょう。こちらはバイクを保持するフックがスタンドに設置され、モノトーン仕上げになっていて、スタンドとポンプ本体をドッキング&リリースできるのが特徴です。


スタンド上部にあるリリースボタンを押しながらポンプを手前に引けば、セパレート完了です。


フック式スタンドでいつも気になるのが、フックがあちこちに引っかかるところ。でも、コイツはフックが折り畳めるのでポイント高いですね。やはりみんなこの点が気になっているからこそ、こうした工夫が凝らされたのでしょう。畳んだ状態で高さ調整ができますので、バイクのサイズに合わせて上下させましょう。


勿論スタンド脚部もカメラ三脚よろしく折り畳めます。


スタンドを一体化した状態ではこんな感じでバイクを保持できます。でも、ポンピングには少々バイクが邪魔になるんじゃないでしょうか?おいちゃんがこの状態で使うのは、長時間駐輪で安定させたい時だと思います。


スタンドを切り離した状態ならバイクに気兼ねすることなくポンピングできますね。実際にポンピングするのはこちらのスタイルがメインでしょう。


そしてこちらが次男坊のフック一インテグレーテッド型 TOPEAK TRANSFORMER X PPF06100 です。こちらはポンプ本体自体にフックと脚部が設置されているので、XX みたいに分離させることはできません。


X はフックが TOPEAK イエロー仕上げです。折り畳んだ状態で上下調整できるのは XX と同じです。


こちらはこの状態でのポンピングを強いられますので、ハンドルとサドルがぶつからないように注意しながらポンピングしましょう。もっとも、壁とか塀とかにバイクを立て掛けておけば問題ありませんが、それだとせっかくのフックが活かせないので、これを買ったなら頑張ってフックに掛けて使いましょう、意地でもw

ポンプのスペックに関しては兄弟とも共通です。


バルブは Presta, Schrader のどちらにも対応できるスマートヘッドを採用しています。


Presta 使用時のエアリリースバルブもちゃんと備わっています。エアを入れ終わったら、このボタンを押して残存エアを抜いてからバルブを外しましょう。


エアゲージは max160psi ですから、素人のおいちゃんには十分でしょう。ただ、これ、ハンドルバーの中央部分に搭載されているので、ポンピングすると目の焦点が上下して意外と見づらいんじゃないかと思います。しかも、近眼で老眼でもあるのでハンドルが上にくるとピンボケだし、下にあると眼鏡がないと見えないという、なんだかマンガみたいな状況になります。ハンドルバーの高さで、ハンドルとは別体型のほうが実用的かと思いますので、TOPEAK さんなんとかしてくださいm(_ _)m


それから、エアークッションやボール用のニードルが付属するのも、TOPEAK の良心的なところです。これがあれば、ビーチボールやエアクッションへのポンピングも楽々ですから、ビーチでも人気者になれますよ、、、来夏にw

使い勝手の点から言えば長男の XX のほうが上でしょう。でも、「2個1は正義」ともいえる遠征場面なら X を選択するのもアリでしょう。おいちゃんは XX にしておきます。

【サイズ・重量】

TOPEAK TRANSFORMER XX PPF06200

 L159 x W280 x H740mm (バイク スタンド折畳時)
 L320 x W366 x H740mm (バイク スタンド使用時)
 1.88kg


TOPEAK TRANSFORMER X PPF06100

 L159 x W250 x H740mm (バイク スタンド折畳時)
 L314 x W289 x H740mm (バイク スタンド使用時)
 1.8kg

(from TOPEAK, CYCLE SPORTS, BiCYCLE CLUB)



※ ここから楽天ショップです。

【エントリーでポイント最大10倍】TOPEAK Transformer XX[ トランスフォーマー XX ]

価格:11,340円
(2014/10/30 21:39時点)




【代引無料】TOPEAK(トピーク) PPF06100 TOPEAK(トピーク) フロアポンプ トランスフォーマーX [PPF06100]

価格:10,368円
(2014/10/30 21:40時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back